顔型別、タルミ・シワの特徴と対策[技術・身体の話]
(2019-04-06 06:36:22) by スタッフ


< ページ移動: 1 2 >



・昔よりも顔が縦長になったなぁ…
・目の開きが悪くなってきたなぁ…
・目のシワが気になるなぁ…
・頬にハリが無くなってきたなぁ…
・口角がへの字になってきたなぁ…
・唇が薄くなってきたなぁ…



<画像:悩む.jpg>


これら全ては
コラーゲン量の低下
大きく関係しています。


加齢と共に減少するコラーゲンですが
20才をピークに、
40才では約半分にも減少してしまいます。


コラーゲンを生成する細胞機能が衰えると
コラーゲンの生産量が減るだけでなく
古いコラーゲンを分解する力もダウン。


コラーゲンは、互いに橋を架けあうように
絡み合うことで弾力を生み出しているのですが
長い間、肌に留まりダメージを受けると
その架橋が劣化し、更に肌は弾力を失います。


そして、顔型によっても
下垂しやすい場所、シワになりやすい場所は
違ってきます。

丸顔
頬に余分な脂肪がつきやすく頬の筋肉が緩んでくると
ブルドック顔のように頬の下にシワができやすく
二重顎にもなりやすい顔型です。
頬・二重顎を念入りにナノカレントグローブケアを!

<画像:丸顔.jpg>



四角顔
エラがはり、たるみにくいのですが、
口元に負担がかかり
口元がシワになりやすい顔型です。
口元を念入りにナノカレントグローブケアを!

<画像:四角顔.jpg>


たまご顔
美系の顔型とされていますが、老化が目立ちやすく
上下まぶたがたるみやすい顔型です。
目元を念入りにナノカレントグローブケアを!

<画像:たまご顔.jpgのサムネール画像>

逆三角型顔
シャープな顎は、年齢とともに顎の肉はたるみやすく
口角も下がってきます。

< ページ移動: 1 2 >


次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3