マラセチラ菌と背中のニキビ[技術・身体の話]
(2019-07-12 10:21:40) by スタッフ


< ページ移動: 1 2 >


ナノカレンントは
抗菌効果があるので
アクネ菌をはじめ、ありとあらゆる過剰分泌に
とても有効です。


特に背中は、
皮膚の薄い顔と違い、
肉厚な部位なので
一旦ニキビの癖がつくと毛穴の損傷が起こり、
ニキビの道を作ります。
<画像:背中のニキビ.jpg>


そして、その人の生活習慣によって
また同じ箇所に出たり、治ってもその跡が消えにくくなったする
やっかいな部位なのです。


背中や身体に出来る
ニキビの原因菌は、
マラセチア真菌というカビの一種です。
<画像:菌.jpg>


フケの原因にもなる菌です。


アクネ菌にしても、このマラセチア菌にしても、
悪いだけではなくて
日常我々のカラダ、皮膚を保護する為、
必要としている微生物です。


そして
マラセチア菌もアクネ菌と同じ常在菌で
皮脂が多く毛穴の詰まっているところが大好きなので、
同じように、毛穴に入り込んで炎症を起こします。


マラセチア菌で出来る背中ニキビは、
アクネ菌の顔に出来るニキビとは違い、
痒い、痛いの感覚が無いので
気がつきにくいので、早めの処置がなかなか出来ず、
ある時気付いたら『エッ?』となり
悩み出す人が多いのですが

皮脂分泌も
常在菌の分泌も
「過剰になる」事で
カビになったり炎症を起こしたりするのが良くないわけです。



過剰になるのを
引き起こす原因は日常の生活習慣ですから

□ストレスを溜めない

□睡眠不足にならない

□暴飲暴食をしない

□油分の多い日焼け止めは避ける

□パジャマ、シーツは清潔にする

□綿の服を着る

□こまめにシャワーを浴びる

□洗剤、柔軟剤は刺激のないものを使う

□シャンプー、リンスのすすぎはきちんと流す


を心がけてもらってくださいね。


で!

ナノカレントの方法は
当然、FT Iスリムコレクションコースなどは
全身循環なのでオススメですが
<画像:FTI.jpgのサムネール画像>


ホームケアは、

・リマーゴをたっぷり、まんべんなく塗る
<画像:limago200g.bmpのサムネール画像>


・コアボディサポーターをウエストに巻いて
通電×20分

<画像:お腹巻き.jpg>


・仕上げにもリマーゴを塗布して、しっかり塗り込んでから、
更にルトルスも塗布して塗り込んで保湿を念入りにしてください。

< ページ移動: 1 2 >


次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1a3