エステサロン向け美容機器・基礎化粧品のフレキシア


  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. 技術・身体の話
  4. 驚きの咀嚼回数...昔と今

スタッフブログ

スタッフプロフィール

2019/09/13

驚きの咀嚼回数...昔と今

人が食事の時に噛む回数「咀嚼回数」は
時代が進むにつれて変化してきています。

 

昔の食べもの(乾物・玄米)などに比べると
加工食品が多い現代では、
ハンバーグ・パスタ・パンなど
良く噛む必要のない食べ物が
増えてきています。
パスタ.jpg



1回の食事での咀嚼回数食事時間を比べてみると
驚くべき数字が…


弥生時代 3990回 51分

鎌倉時代 2654回 29分

江戸時代 1465回 22分

昭和初期 1420回 22分

    620回   11分


なんと現代は弥生時代の
約6分の1になってしまっていますが、
咀嚼は美容と健康に
とても良い影響があります。
083376.jpg



【消化】

咀嚼すると唾液の分泌が盛んになります。
唾液は消化酵素を持ち、主に炭水化物である
ごはんやパンなどの消化をスムーズに行います。
消化がスムーズになると胃腸の負担も軽減されるので
胃腸に不調がある方は咀嚼を意識するだけでも
身体の変化がみられます。
胃.jpg


【ダイエット効果】

よく噛むことで味覚が刺激されると
ノルアドレナリンが分泌され
全身の細胞の働きが活発になり
熱エネルギーが出やすくなります。
エネルギー.jpg



そして更に
噛むことで脳内の血流が増え、
脳の運動野や感覚野、前頭前野、小脳などが
活性化する事も解明されています。


食欲の秋!
美味しいものを
たくさんの咀嚼で消化を助けて
美と健康に♪

 


Red glove project :株式会社フレキシアは被災地の復興のため収益金の一部を、2011年3月11日に発生した、東北太平洋沖地震で被災された方々へ、日本赤十字社を通して義援金として寄付し続けています。

ページの先頭へ